2016年度より「note」を用いたコンテンツ販売を行っています。

 

こちらよりご覧いただけます。

2018年4月23日改訂
(実績)2017年に都内某塾の公立上位志望者20名に副教材として使用(2017年バージョンにつき,今回公開した100問とは若干掲載問題が異なります)し,合格実績は以下の通り。
 進学指導重点校4名(戸山3,青山1)
 進学指導特別推進校3名  進学指導推進校:10名
 都立中高一貫校1名 私立高校:中央大学高校,法政第二高校他

 

(1)難関高校受験対策 ライバルに差をつける数学小問集合1日1問シリーズA

(対象)中学数学の単元別学習を終えた生徒


(レベル)全国の難関国私立高校,全国の公立トップレベル高校の受験を想定している生徒


(内容)全国の難関国私立高校入試で出題された「小問集合」を,過去20年分の中から厳選。合格のために1度は演習しておくべき頻出テーマや,難問攻略のための土台固めとして,1日1問の演習を続けることができます。1回の公開で4問ずつ紹介し,合計100問の演習が可能です。

 

★多くの中学生が苦手とする「整数」「確率」「約束記号」「式の値」といった入試頻出テーマを,効率よくチョイスして重点的に学習することができます。

 

(2)公立上位・難関私立志望者向け「ライバルに差をつける1日1問シリーズB

(対象)中学数学の単元別学習を終えた生徒


(レベル)全国の公立トップレベル高校の受験(東京都立「自校作成問題」や埼玉県「学校選択問題」を想定)に向けた準備を考えながら,同レベルの私立高校合格も考えている人向け。「ライバルに差をつける1日1問シリーズA」よりも難易度を落とし,より幅広いレベルの受験に対応。


(使い方・内容)夏休み後半からの「1日1問,100日で完成」を想定。大問1・2の小問で確実に正解を狙うための準備に最適。全国の難関国私立高校入試で出題された「小問集合」を,過去20年分の中から厳選。合計100問の演習が可能なように,前半50問・後半50問を分けて公開します。

 


(公開方法)テキストでの公開が数式処理の関係で難しいため,見本のように画像処理をして公開しています。

(料金)(1)~(50)までの前半50問をまとめて,(51)~(100)までの後半50問をまとめて,それぞれ1000円(Bは解答解説つき,Aは問題解答各500円)となります。合計2000円で1シリーズ全100問の演習が可能になります。

(注意)AとBで重複する問題があります。 

 

中学生の成績が上がる!

「勉強のルール最強のポイント65」(メイツ出版) 

が第12刷となりました。(2018年3月)

高校受験で成功する!

「中学生の合格ルール必勝の勉強法60」(メイツ出版)が第4刷となりました。(2016年8月)

 

 

作文通信教育講座
「ブンブンどりむ」
の保護者向け情報誌

「教育の現場から」
で連載を担当しています

2008年に連載開始,2016年に連載回数100回を越えました(月1回) 

記事一覧はこちら


公式ページはこちら↓