教育クリエイター秋田洋和のホームページです

                  (2016年2月14日~)

 

~こわれた数学治します~ をキャッチフレーズとして中学生(難関国私立高校受験)~大学生・社会人(公務員対策・SPI対策)まで幅広く指導しています。 

プロフィールはメニュータグ,あるいはコチラから入れます。

 

2018年5月20日(日)

東京都足立区が主催する「足立はばたき塾」の2018年度保護者説明会(於:足立区ギャラクシティ)におきまして,大学入試改革をふまえた「高校選びの基礎知識」について講演させていただきました。

※「足立はばたき塾」とは,経済的事情等で塾に通えないが学力・意欲ともに十分な生徒たちを,足立区が支援する形で設置された塾。

 

2018年5月20日(日)

難関国私立高校受験を目指す生徒の保護者向け説明会(大手進学塾主催)におきまして,「将来から逆算して考える志望校の選び方」について講演させていただきました。

内容の概略は中3保護者会で話した「将来から逆算して考える志望校の選び方」を文字に起こしてみたでお読みいただけます。

 


2018年5月
 激動の「2018年度私立大学入試」で何か起こっていたのか,
首都圏私立大学がどのくらい難化したのかザックリと検証してみたでまとめました。

 

 

2018年3月 詳細はコチラをクリックしてください。

スーパー数学講座問題的中情報「2018年度筑波大附属高校」を更新しました。

スーパー数学講座問題的中情報「2017年度埼玉県公立(学校選択問題)」を更新しました。

スーパー数学講座問題的中情報「2018年度早稲田実業高校」を更新しました。

スーパー数学講座問題的中情報「2018年度立教新座高校」を更新しました。

スーパ―数学講座問題的中情報「2018年度埼玉県公立(学校選択問題)」を更新しました。

 

2018年2月18日(日)

東京都足立区が主催する「足立はばたき塾」の2018年度入塾説明会(於:足立区役所)におきまして,「都立トップ高,私立難関高の入試とはばたき塾の指導内容」について講演させていただきました。 2018年度も数学の授業を担当します。

※「足立はばたき塾」とは,経済的事情等で塾に通えないが学力・意欲ともに十分な生徒たちを,足立区が支援する形で設置された塾。

 

2016年4月~

(株)ジャストシステム様が展開するクラウド型オンライン通信教育「スマイルゼミ」におきまして,中学生特進クラスの数学講師を担当しています。
公式ページはこちら↓ 

 

2017年2月5日(日),11日(土)

東京都足立区が主催する「足立はばたき塾」の2017年度入塾説明会におきまして,「都立トップ高の入試とはばたき塾の指導内容」について講演させていただきました。 2017年度も数学の授業を担当します。

※「足立はばたき塾」とは,経済的事情等で塾に通えないが学力・意欲ともに十分な生徒たちを,足立区が支援する形で設置された塾。

 

2017年1月

(株)興学社学園様が展開する学習塾「プリンス進学院」「東大ゼミナール」におきまして,「新中1保護者に発信する情報の質について」というタイトルで講演させていただきました。 

 

2016年6月21日(火)

医学部予備校比較サイトのコラム欄で,数学を苦手とする中高一貫生の「症状」について記事にしていただきました。

『受験数学にセンス不要~こわれた数学を治す 秋田洋和先生』

 

 

2016年6月16日(木)

(株)エデュケーショナルネットワーク様主催「中学受験情報&教材活用セミナー」におきまして,「変わる大学入試に役立つ中学受験の算数とは」というタイトルで講演させていただきました。

 

2016年2月26日発売

2016年8月第4版になりました。 

(内容紹介より)

前半では、これまであまり勉強をしてこなかったために勉強の習慣がついていない、
中1、中2の勉強からやりなおさなければならないという子に向けて,気持ちの切り替え方、勉強できる環境の作り方、計画の立て方を紹介。 志望校選びのポイントも紹介している。

教科別の勉強法では、2020年の大学入試改革に先行して大きく変わっている高校入試問題を例に挙げながら、効率よく力をつける方法や、どんなマインドで勉強するべきかまで紹介している。

中学生の成績が上がる!

「勉強のルール最強のポイント65」(メイツ出版) 

が第12刷となりました。(2018年3月)

高校受験で成功する!

「中学生の合格ルール必勝の勉強法60」(メイツ出版)が第4刷となりました。(2016年8月)

 

 

作文通信教育講座
「ブンブンどりむ」
の保護者向け情報誌

「教育の現場から」
で連載を担当しています

2008年に連載開始,2016年に連載回数100回を越えました(月1回) 

記事一覧はこちら


公式ページはこちら↓